FP試験勉強法

合格者が教える♪ FP試験対策の極意~方法論~

FP試験の難しさは、「幅広い試験範囲を網羅しなければならないこと」、そして「難解な専門用語を理解しなければならないこと」にあります。
たとえ3級受験であっても出題される範囲は2級と同じですから、この点はFP試験のどの級に挑戦する場合にも、必ず課題となってくることでしょう。
上手にクリアして、FPとしてのステップにつなげていきたいところですね。

私自身、FP試験の受験勉強に取り組んでみてわかったことは、「目、耳、手・・・、身体のあらゆる機能を活用して知識を吸収するのが有効である」ということです。
そのために、教材はフルカラーであったり図表・イラスト入りであったりと、文字だけでなく視覚的にも理解できるような構成のものが役に立ちます。
もちろん、通信教育であっても講義映像は欠かせません。
最近ではWEB上やDVDなどで講義が提供される講座も多くなってきましたが、通信教育を選ばれる際には映像の有無も必ずチェックしておくと良いでしょう。
そして、FP試験実技対策の際にはしっかりと手を動かすことも重要です。
よく「頭の中で考えるだけ」という方もいるようですが、これでは実技試験向けの実力は身につきません。
実際に計算してみたらケアレスミスがあったり、考え違いがあったりと、思わぬ落とし穴が発見できるはずです。
FP試験対策上、日々の受験勉強の中で、しっかりと力を養っていく必要があります。

FP試験勉強は「身体フル活用」で!
目で見て耳で聞き、手を動かす。この積み重ねが、本試験でモノを言うのです。



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!