FP試験勉強法

合格者が教える♪ FP試験対策の極意~精神論~

社会保険に税、相続に生命保険・・・。
「FP試験を受験する!」と決意したものの、「思ったよりも出題範囲が広くて挫折しそう」という方も多いのではないでしょうか。
特に初学者の場合、初めて見る専門用語のオンパレードで、想像以上に苦戦を強いられるかもしれませんね。

FP試験の受験対策上、最も大切な考え方は「すべてを覚えようとしないこと」です。
FP試験では3級といえども膨大な試験範囲が課されていますから、「これらを全部、完璧に」と意気込むと辛いですし、学習への意欲を失います。
カバーしなければならない範囲は広いですが、FP試験の合格ラインは60%の得点。
半分ちょっと解答できれば、合格できるんです。
そのことを常に頭においておけば、試験対策へのハードルもぐんと下がるのではないでしょうか?

精神的に追い詰められないために、FP試験の教材は「出題のポイントをコンパクトにまとめられているかどうか」を基準に選ぶのがオススメです。
内容盛りだくさんの分厚いテキストは持っているだけで安心感はありますが、実際に勉強する段階においては要点が分かり辛く、また「たくさんのことを覚えなければならない」というプレッシャーにつながってしまい、使い勝手は悪いものです。
一方で、FP試験の合格基準60%をクリアするために必要なポイントだけが凝縮されたテキストは、学習の目安がつきやすく、取り組みやすいと言えるでしょう。

FP試験は難しい資格試験ではありますが、そのハードルを必要以上に高いものにしてしまっているのは、実は自分自身の心だったりするものです。
教材選びひとつで、FP試験対策はぐんと楽になりますよ。



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!