FP合格率&難易度のウソ、ホント

FPは勤務も独立も可能な万能資格です

FP試験に合格したって、ビジネス上はあまり意味がない
 FPは2級レベルでは仕事に活かせない

   FP資格については、しばしばネット上でこんな風に酷評されているのを目にすることがあります。
有資格者としては悲しい限りですが、難関士業であっても資格で食べていくのは困難と言われる時代、FP資格についてもイメージのひとつに「役に立たない」「意味がない」のネガティブな印象を挙げられるのも、まぁ無理はないのかなと感じています。

 しかしながら、FP2級有資格者として一言言わせていただくならば、「FP資格は決して役に立たない資格などではない」ということです。
この資格で習得するライフプランニングや年金、保険、不動産、相続、税の知識は、第一に私たちの日常の暮らしに役立ちます。
また、FP2級レベルの知識ともなれば、これらのカテゴリについて人にアドバイスが出来るレベルですから、実務上にも高いニーズがあるのです。
一般的に、FP2級有資格者の就職先としては、銀行・保険会社などの金融関係や、信金、郵政公社、証券会社、不動産関連、または総務・経理職等多岐に渡り、資格取得後は幅広い活躍の場が想定されています。
この状況は、FPが備える知識が“お金”を主軸にした「生きる糧」であることを証明するものであり、こうした知識を備える人に対する需要の高さを物語っているのではないでしょうか。
また、どこかの会社に所属せずとも、独立してFP事務所を立ち上げている方もいらっしゃいます。
何かと不安定な時代を背景に、個人向けのコンサルへのニーズも確実に高まりをみせていると言えるでしょう。こうした現場で活躍するのが、独立系FPなのです。

 「FP資格は取得しても意味がない」、このような言葉に惑わされないで下さい。
少なくとも、有資格者としての印象はネガティブとは正反対ですし、ビジネスとしての手ごたえも感じています。会社勤務でも独立でも、自分が思う様に知識を活かして働けるのが、FPの魅力。合格後の明るいビジョンを描きつつ、皆さんも安心してFP2級試験対策に励まれてくださいね!



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!