FP合格率&難易度のウソ、ホント

他資格との相乗効果はもちろん、FPのみでも役に立ちます

他資格とのダブルライセンスとしてFP試験に挑戦する、合格後に活用しようと考えている方は多いと思います。FPの場合、難易度としてそこまで高いわけではないので、「単体ではさほど仕事にならないだろう」「需要はないだろう」と思われがちなため、難関国家資格とのダブルライセンスで狙われるケースが多いようです。
7553cfdaae3743363915d959f999e838_s


社会保険労務士や行政書士といった士業がダブルライセンスの代表例



FPレベルの難易度の場合、ダブルライセンスとして挙げられる資格はタイトルの通りです。いずれも、“FPより少し難易度の高い国家資格”。どちらを先に取得するかは人それぞれですが、実務に携わる場合には+αとしてFP資格を有しているケースが多いようです。

社会保険労務士の場合、一般的には“対会社”での実務が真っ先にイメージされるでしょうから、“対個人”のお金の話とは結びつきにくいと思います。ですが、年金相談や社会保険給付、労災関係給付との絡みでは、FPの知識が活かされる場面も。このような時、FPを有していることで、より深く顧客の相談に乗ることができます。

また、行政書士の場合にも、会社設立で携わったお客様相手にお金の話になることもあるでしょう。行政手続きだけでなく、その人個人のフィナンシャルプランにまで言及できれば、一層付き合いが深くなります。また、離婚や相続といった分野で活躍しようという方にとってはなおのこと、FP試験の難易度を超える価値が出てくると思います。何を専門とするかに関わらず、実務上、お金の話は出来て損はない、というわけです。



単独でも活用できるFP資格



長々とダブルライセンスの話をしてまいりましたが、「FPの知識を活かす」といった観点では、必ずしも他資格との組み合わせを狙う必要はないとも言えます。すでにFP試験対策をされたことのある方であれば、この試験がどんなに幅広く知識を問うものか、実感されているでしょう。試験合格は、ゴールではなく始まりです。FP試験の難易度をクリアしたからと言って、そこで終わりではありません。その道の専門家として仕事をしていこうというのであれば、合格後も勉強、スキルアップを目指す姿勢は不可欠です。

このように、ダブルライセンスもあり、プロフェッショナルとしてFP道を極めるも良し。自分なりの活用法を想定できるのが、FP資格の良いところだと感じます。





>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!