FP合格率&難易度のウソ、ホント

2級合格率「30%」のカベ

FP試験に挑戦される方の中には、「資格を取得して仕事に活かそう」と意気込まれている方もたくさんいらっしゃると思います。
実際にFPの取得をきっかけに、専門家として大きく飛躍したというケースも珍しくありません。
FPの場合、合格率30%ほどと言われる2級試験にパスすることで初めて、その知識が仕事上で使えるレベルとみなされます。
FPの場合、取得することで企業に勤める、もしくは独立するといった幅広い選択肢が用意するわけですから、FP2級の合格率30%程度であれば「よし、頑張ろう!」と思えるかもしれませんね。
しかしながら、このFP合格率、あまり甘く見るべきではありません。

FP2級の合格率30%を見事クリアした合格者の中には、すでに実務経験を有している人、以前の試験で学科、もしくは実技を合格している免除制度利用者なども含まれています。
これらの受験生は、まったくゼロからこの資格にチャレンジする初学者よりもぐんと有利になるわけです。
よって、もしもアナタがFP関連の知識を持たず、受験も初めてという状況であれば、当然のごとくFP2級の合格率は30%以下となるのです。

前項のお話と重複しますが、FP試験には合格率だけで安易に判断できない、難しさがあります。合格率が高いから自分も合格できる、と思い込むのは危険です。
一般的な国家資格の中では、FPの合格率30%というのは比較的狙いやすい部類に入りますが、初学者にとっては合格率30%の試験ではありません。
だからこそ、信頼の置ける学習カリキュラムや教材で、確かな勉強を実践していく必要があるのです。



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!