FP試験勉強法

独学? 通学? それとも通信?

これからFP試験に挑戦しようという方にとって、どんな勉強法でこの資格を目指すのかという問題はおそらく最初に頭を悩ませることだと思います。
「なるべくならば1度の挑戦でFP試験に合格したい、でもあまり時間やお金にゆとりがない・・・」、こんな状況でお悩みの受験生も多いのではないでしょうか?

結論から申しますと、FP試験に有効な勉強法は「通信教育」であると思います。
予備校通学の場合、どうしても高額な受講料や通学にかける時間の捻出などが課題となりますが、通信教育ならこうした心配も皆無です。
予備校さながらの本格的な授業を自宅にいながらにして都合の良い時間に受講できますし、受講料は予備校と比較すると断然リーズナブルであると、まさにイイトコ取りなんですね。

「でも、通信教育って教材や講義があまり良くないイメージだけど・・・」と思ってしまう方は、ちょっと古い考え方だと思います。
今の通信教育は、ひと昔前と比較して断然クオリティが高くなっています。
振り返って考えてみると、以前は書店でもらう広告にちょっとチラシが入っていた程度でしたが、最近では通信教育のテレビCMなどもよく見かけるようになりましたね。
FP試験対策に限らず、通信教育は今や資格対策のスタンダードとなりつつあることが見受けられます。

FP試験対策では予備校の他、「独学で」という方も大変多いのが特徴です。
しかしながら、一見手軽に感じられる独学は、意外にも様々な部分で難しさを感じさせる勉強法でもあります。
例えば、教材選び。FP試験に関する教材は書店でも数多く目にしますが、その中で「どれが良いのか」を見極めるのはなかなか困難です。
また、学習スケジュールに関しても、いつの段階で何をやるべきなのか、あれこれ頭を悩ませることになるでしょう。
こうして結果的に、大変非効率な学習でFP試験を迎えることになってしまっているケースも決して珍しくないはずです。

無理なく効率的にFP試験合格を目指すなら、通信教育という選択肢を今一度、検討されてみてはいかがでしょうか?
教材選びの際にはサンプル教材なども取り寄せて、そのクオリティを体感して下さい!



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!