FP試験勉強法

合格までにどれくらいの期間がかかる?

ネットなどでは「FP試験に1ヶ月で合格した」「初学者でも3ヶ月でうかった」など、様々なサクセスストーリー(?)を目にすることがありますが、もしもアナタがこれらの文言を鵜呑みにしてFP試験に挑戦しようとしているのであれば、ちょっと考え直した方が良いかもしれません。

FP試験に合格された方の学習期間の目安は、一般的には「半年~1年」と言われています。
もちろん、「すでにバリバリの実務経験がある」などという方であればこの数字よりも短い期間での資格取得が可能かもしれません。
しかしながら、初学者の場合、やはり半年~1年は学習に費やさなければ、クリアは難しいと言えるでしょう。
FP試験は合格後に専門家として独立可能な、いわば専門資格ですから、そう簡単に取得できると考える方が間違いなのです。

さて、前項で「FP試験には通信教育が有効」というお話をしましたが、通常、FP試験対策の通信教育の受講期間を「3ヶ月程度」としている講座が大半です。
しかし、この3ヶ月の受講後には復習や問題演習など、あらゆる自主学習をこなさなければ資格を取得することは出来ません。
つまり、「受講期間+α」の期間を想定し着実な学習に取り組む覚悟がなければFP試験合格は難しいということを、心に留めておくことが重要です。

これからFP試験を受験される方は、間違っても1ヶ月や3ヶ月で専門家になれるなどと思わないで下さい。
FP試験をクリアする上では、しっかりと時間をかけて、地道に知識を深めていく姿勢が大切なのです。



>この方法ならFPの勉強法に迷いませんよ!