合格に効く! 社会人のための学習スタイル

勉強方法は”ライフスタイル”に合ったものを

FP試験を志す受験生の中には、様々な立場の方がいらっしゃいます。

そんな中でも、仕事をしながらFP試験に挑戦する社会人であれば、「受験勉強と仕事の両立」という点に最も頭を悩ませることになるのではないかな、と思います。

仕事はおろそかに出来ない、でもFP試験にも合格したい・・・
社会人の資格受験には、様々な難しさがつきものです。

本ページでは、私自身、社会人として仕事を持ちながらFP試験合格を果たした経験を踏まえ、これから受験される皆さんにちょっとしたアドバイスをさせていただこうと思います。

社会人がFP試験受験勉強と仕事を両立させるコツのまずひとつめは、「通信教育の活用」です。

今でも「資格学習=予備校」という図式は一般的ですが、社会人の場合、忙しく仕事をしながら予備校に通うのは、時間的な側面で負担になってくるケースが多いのではないでしょうか?

結果、学習内容の消化不良や通学への煩わしさから、FP受験断念につながってしまう受験生も少なくはありません。

FP試験合格に向け無理なく学習を続けていくためには、「今のライフスタイルの中に、自然に学習を盛り込んでいくこと」が重要であると思います。

また、「独学で」というのは、時間的なロスにつながりかねません。

独学は、確かに自由度は高いのですが、その分「すべて自分に委ねられている」点に難しさがあります。

ただでさえ時間にゆとりのない社会人ですから、教材から学習の進め方まで、手探りの勉強に固執するのは得策とは言えません。

通信教育は通学のメリットも兼ね備えている

一方、通信教育の場合、受験のプロによって厳選された教材やカリキュラムで、自分の都合の良い時間に学習できるという利点があります。

いわば、予備校と独学のメリットだけを活かした画期的な学習法であると言えるわけです。

本ページでは社会人向けの学習法としてご紹介しましたが、通信教育は効率良く合格したいすべての受験生にオススメの勉強法でもあります。

FP試験に向け、通信教育で学習する上でも、やはり「時間の確保」は大切です。

「毎日残業でゆとりがない」という方は、ぜひ始業前の朝の時間を有効活用してみましょう。

1日1時間で構わないと思います。
とにかく毎日勉強し続けることが、結果につながるのです。

忙しい社会人の中から、毎年多くのFP試験合格者が誕生しています。

ad